西村監督「全員がブルペンに入り満足」

[ 2011年2月1日 18:45 ]

 昨年5年ぶりの日本一に輝いたロッテが快晴の下、始動した。投球練習を多く見守った西村監督は「全員がブルペンに入ることができ、満足している」と?を緩めた。

 ことしから使用する新球場では細谷や外野から内野に転向する荻野貴らが、西岡の抜けた遊撃の座を狙い初日から精力的に動いた。昨年5月に手術した右膝も徐々に回復している荻野貴は、3千メートルの持久走も走破した。「多少痛みは残るけど、乗り越えないと。開幕に合わしていきたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月1日のニュース