星野監督「気分は一緒」 静かなキャンプイン

[ 2011年2月1日 11:00 ]

初めて背番号「77」のユニホーム姿を披露する楽天の星野監督

 闘将と呼ばれる楽天・星野監督のキャンプ初日の朝は、静かに始まった。練習前には、宿舎近くに選手らとともに集合。選手会長の嶋らの声に耳を傾け、軽めの体操を一緒にこなして気持ちを高めた。

 指揮を執るのは3球団目となる。星野監督は「気分は一緒。場所と顔触れが違うけれどもね」と話す。「われわれにとっては、大みそか」という前夜は宿舎でミーティングを開き、選手を前に話した。

 練習が始まり、選手が外野でストレッチをしていると、ユニホーム姿の星野監督がグラウンドに姿を見せた。昨年最下位のチームの再建を託された64歳の挑戦がスタートした。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月1日のニュース