細川「何か考えてやっていると思ったんで」と和田の球捕球

[ 2011年2月1日 18:35 ]

 昨季パ・リーグMVPのソフトバンク・和田がキャンプ初日からブルペン入り。捕手を立たせたまま41球を投げ、「感じは悪くない。軽く投げたけど(球が)いっていた」とまずまずの手応えを口にした。

 途中からは国内FAで加入した細川がマスクをかぶった。細川は「何か考えてやっていると思ったんで、捕ってみようと思った」と説明。開幕投手を目指す左腕は「最初に自分を受けていただいて光栄です」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月1日のニュース