星野監督“ラブ注入”「もっと愛して恋しないと 念じまくれ!」

[ 2011年2月1日 10:19 ]

チャーター機から久米島に降り立つ楽天の星野監督
Photo By スポニチ

 楽天・星野監督は夜間ミーティングで、闘将は阪神の監督就任1年目となった9年前と同様の言葉を選んだ。

 「もっと野球を愛して恋しないとファンの期待に応えられない。優勝を信じ、念じて念じて念じまくれ!」と、選手、スタッフにラブ注入。最下位から日本一を目指す指揮官の挑戦は、2本のひもと野球への恋から始まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月1日のニュース