斎藤 プロ第一歩 エースナンバーに「新鮮な感じ」 

[ 2011年2月1日 10:40 ]

キャンプインし、キャッチボールする日本ハムの斎藤佑樹投手(右)。左奥はダルビッシュ有投手
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位ルーキー、斎藤佑樹投手(早大)が1日、沖縄県名護市でキャンプインし、プロとして本格的な第一歩を踏み出した。背番号18の真新しい白いユニホームに身を包み「新鮮な感じ」と笑顔をのぞかせた。

 時折、強い日差しが照り付けるなど天候にも恵まれた。午前8時すぎに一礼してグラウンドに入った。右腕は「昨夜はぐっすり寝られた」と緊張の様子はなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月1日のニュース