菊池 初日から捕手座らせ30球

[ 2011年2月1日 18:15 ]

 1年目は左肩痛に苦しんだ西武の菊池が、初日から捕手を座らせた。「気持ち良く投げた」と30球程度の力強い球を投げ「現状維持じゃ自分も周りも満足しない。高校の時以上の投球をしたい」と話した。

 大きな注目を浴びた昨年と比べ、周囲も落ち着いてきている。雄星から登録名を変えた左腕は「すべてにおいて慣れというか、メリハリを付けながらやれている。心の余裕が全然違う」と2度目のキャンプに臨む。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年2月1日のニュース