巨人 12人で争う先発6枠 沢村は3試合で答えを出さないと…

[ 2011年2月1日 08:40 ]

 昨季、巨人はチーム防御率が09年の2・94(リーグ1位)から3・89(同3位)に低下。リーグ4連覇を逃す最大要因となった。

 今季はバニスター、トーレスの新外国人投手に加え、昨季不振だったグライシンガー、ゴンザレスも好コンディションでこの日からチームに合流。内海、東野らも含め実に12人が先発枠を争う。
 
 3月3日まで練習試合、オープン戦が8試合。紅白戦を含めても実戦は計11試合しかなく、沢村も3試合ほどの登板機会で答えを出さなければならない。

 「6人のローテーションに入れるように競争を勝ち抜きたい」と話す沢村。1日、そのレースが火ぶたを切る。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月1日のニュース