斎藤「プレッシャーはあるが頑張りたい」

[ 2011年2月1日 06:00 ]

那覇空港に到着し笑顔を見せる日本ハムの斎藤

 ◆斎藤と一問一答◆

 ――沖縄入りした今の心境は?

 「早く環境に慣れて、1軍の雰囲気を味わえたらいい。しっかり調整してきたから体は問題ない」

 ――沖縄でも多くのファンが出迎えてくれた。

 「ありがたい気持ちです。早大の沖縄キャンプの時も、たくさん来ていただいた。来年、再来年も来てもらえるようにしたい。プレッシャーはあるが、このプレッシャーを受け止めて頑張りたい」

 ――全体ミーティングについて。

 「ファイターズの球団方針を聞いた。法令順守の話?今年はプロ1年目。いろいろな方のアドバイスを聞きながら、早くプロの世界に慣れたい」

 ――キャンプでのブルペンは?

 「1クールに1回くらい入りたい。球数は自分の体と相談しながらだけど、1カ月で1、2回は(球数を)多く投げたい。まずは6~7割で、暖かくなってきたら力を入れて投げたい」

 ――アピールしたいこと、抱負は?

 「持ち味は直球、スライダーなど変化球、コントロール、基本的に全てです。総合的に勝負できたらいい。気持ちにゆとりを持って練習に臨みたい。3月後半から始まるシーズンに向けていい感じで気持ちを持って行けたらと思います」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年2月1日のニュース