斎藤にテレビカメラは50台 上空にはヘリコプター

[ 2011年2月1日 10:44 ]

記念写真の撮影で笑顔を見せる日本ハム・斎藤(後列中央)

 日本ハムのドラフト1位ルーキー、斎藤佑樹投手(早大)が1日、沖縄県名護市でキャンプインし、プロとして本格的な第一歩を踏み出した。

 投手と内野手の連係プレーの練習では、ダルビッシュ有投手ら先輩選手と談笑。前日に「気持ちにゆとりを持って練習できれば」と話していたように、先頭に立ってノックを受けるなど精力的に動いた。
 球場には朝早くから熱心なファンが集まり、球団発表で約800人の観衆が斎藤投手の一挙手一投足を見守った。報道陣もテレビカメラ約50台、約400人が詰め掛け、上空には空撮のためにヘリも舞った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月1日のニュース