14試合目ついに…藤田が今季初失点

[ 2010年5月1日 06:00 ]

 【西武2―3日本ハム】西武・藤田が今季14試合目の登板で初失点を喫し、今季2度目のサヨナラ負け。延長10回2死満塁、フルカウントから外角を狙った直球が内寄りに入った。

 今季の延長戦は3戦全敗。渡辺監督は「いつかは点を取られる」と藤田をかばい、敗因を散発5安打に終わった打線に向けた。「何とか打開しないと。ずっとこういう状況が続いているのは良いことではない。どこかで打線が爆発する試合をつくらないといけない」と厳しい口調で奮起を促した。

 ▼西武涌井(9回151球で8安打7四球の2失点)結果を見れば粘れましたけど、四球でリズムを悪くしたかなと思います。

 ▼西武中島(6回に4月7日以来となる4号ソロ)コースなりにしっかりとらえられている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月1日のニュース