“柱”の自覚…黒田「長いイニング投げる」

[ 2010年5月1日 06:00 ]

 【ドジャース0―2パイレーツ】ドジャースの黒田が次回先発予定の2日(日本時間3日)のパイレーツ戦に備えてブルペン入りし、36球の投球練習を行った。

 前回の4月27日メッツ戦で初黒星がついたが、「ここまでは軸になるボールが常にあって、配球に困ることがなかった」と好調を維持。チームは5連敗中だが、「長いイニングを安定して投げ、ブルペンが準備しやすい先発投手でありたい」と先発陣の柱としての自覚を口にした。
 また、対戦相手のパイレーツ・岩村は風邪による体調不良のため欠場した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月1日のニュース