悔やむ成瀬「本塁打は仕方ない それよりも川崎さんの初球」

[ 2010年5月1日 18:16 ]

 【ロッテ4―7ソフトバンク】エースの成瀬でも、悪い流れは止められなかった。ロッテは3カード連続の負け越しで、首位から転落。投手陣が手薄なだけに「一人で投げ切りたい気持ちがあった」と成瀬は言い、投げ急ぎにつながった。

 2―0の五回。先頭の多村にソロを浴び、2死一、二塁から川崎に2点二塁打を打たれてリードされた。「本塁打は仕方ない。それよりも川崎さんの初球。ボールで入る意識があったけど…。あそこがすべて」と悔やみきれない様子だった。
 六回にも2本塁打を浴び、これで今季許した一発は早くも10本に。左腕は「気持ちを切り替えられなかった」と声を落とした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月1日のニュース