救援に黒星も…岡田監督「点を取らんと」

[ 2010年5月1日 06:00 ]

 【オリックス1―2楽天】オリックスは今季初めて救援投手に黒星が付いた。9、10回は平野で防ぎ11回からはこの試合まで防御率0点台と安定していた小松を投入したが、四球と安打でピンチを招いて1死満塁から託したレスターがサヨナラ打を浴びた。

 救援陣をかばった岡田監督は「反撃が遅い。もっと点を取らんとどうしようもないわ」と得点力不足の打線に苦言を呈していた。

 ▼オリックス金子千(8回1失点、146球も白星に結びつかず)打たれたのは高い球。何とかできたと思う。あの1点がなかったらと思うと…。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月1日のニュース