ヤクルトが連敗止める!新人中沢3勝目

[ 2010年5月1日 21:51 ]

6回の攻撃を三者凡退に抑え、ガッツポーズするヤクルト先発の中沢

 【ヤクルト5-3横浜】制球力で前回登板の横浜戦でプロ初完封を飾ったヤクルトの中沢。約1週間後の再戦となったこの夜、気持ちのコントロールのうまさというもう一つの持ち味を発揮した。

 五回まで毎回安打を浴びた。六回、直前の味方の攻撃で藤本が審判員への暴行で退場に。荒れた雰囲気の中、マウンドにこう臨んだ。「藤本さんの勝ちへの執念。僕もその気持ちを強く出そう」
 この回、この試合で唯一の三者凡退。気合を気負いにはせずに持てる力を存分に出し、傾きかけた流れを引き戻した。
 チームは5連敗中。しかも前夜は6点差を逆転された。新人には酷な状況だったが「僕は新人。自分のできることだけを考えた」。チームがはまっている負の流れを一歩、身を引いて見ていた。
 これでチームトップの3勝目。新人王レースも引っ張る。青木は頼もしそうに中沢を評した。「新人離れして堂々と投げている。逆にこっちが勇気づけられる」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月1日のニュース