松井著書が大人気!米国での発売も検討

[ 2010年5月1日 06:00 ]

 エンゼルスの松井の自叙伝第2弾「信念を貫く」(新潮新書)が3月17日の発売から1カ月で7万8000部を売り上げたことが分かった。5万部売れればヒットといわれる新書では異例の出足で、大手書店の売り上げでも毎週ベスト10の常連となっている。

 前作「不動心」は33万部で、合わせて40万部を突破。担当者は「2冊で背番号と同じ55万部が確実に視野に入ってきました」と話した。また、2冊を合わせて英訳し、米国で出版することも検討中という。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年5月1日のニュース