佐賀商“英雄”出番なく照れる

[ 2008年7月11日 06:00 ]

 【佐賀商9-4敬徳】3―3の5回、佐賀商は3番・古賀翔、4番・津田、5番・片岡らの4連打で5点を追加し、敬徳を突き放した。7日朝に佐賀市内のコンビニで起きた万引事件に遭遇し、他の生徒と連携して容疑者を捕まえ警察に通報した2年生投手・笠継の出番はなし。笠継は「警察から表彰されるみたいです。それよりきょうは投げたかった」と照れくさそうだった。森田監督は「妙なことでマスコミに取り上げられましたが、選手たちには一日一善をと言っています」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース