巨人2位浮上!グライ人生初スクイズ成功

[ 2008年7月11日 20:04 ]

4回、巨人1死一、三塁に、一塁前にスクイズを決めるグライシンガー

 【巨4―1横】巨人は2回に谷のソロ本塁打で先制。4回はスクイズなどで3点を奪い、グライシンガーは7回無失点の好投で8勝目を挙げた。中日が敗れたため、巨人は今季初の2位に浮上した。横浜の那須野は10敗目。打線は8回に内川が上原からソロ本塁打を放ち、零敗は免れた。

 ≪7回無失点で8勝目≫巨人はグライシンガーが7回無失点で8勝目。1回は1死一、三塁、2回は無死満塁のピンチを招いたが、無失点で切り抜けて立ち直った。「失点しても最少失点で、と思った。3回以降はテンポよく打たせて取ろうと意識した」という。
 攻撃でも「人生初」というスクイズを4四回に決めた。「うまく転がせて、すごくうれしい」と喜んだ。

 ≪まずは谷が援護≫巨人は2回、谷の6月8日以来となる右越え5号ソロで先制した。
 カウント2―1から、那須野の外角低めの直球をライナーではじき返した。「右方向への本塁打は久しぶり。うまく叩けた」という納得の一振りだった。
 1、2回とピンチを背負い続けたグライシンガーには大きな援護となった一発。5番打者は「先取点を取れて良かった」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース