斎藤 世界一へフル回転宣言

[ 2008年7月11日 06:00 ]

 チェコで17日(日本時間18日)に開幕する第4回世界大学野球選手権に出場する大学日本代表の斎藤佑樹投手(早大2年)ら4選手が10日、ハーレム国際大会に参戦中の日本チームに合流するため、成田発の飛行機でオランダへ出発した。河原井監督は23日に行われる米国戦と、中2日で迎える26日の準決勝に斎藤を先発させる意向。斎藤にとって米国は昨年の日米大学選手権で不敗神話を止められた因縁の相手だが「中2日だったら全然いける。金メダルのためならどこでも投げる」とフル回転を宣言した。日本は現地時間18日に初戦のインド戦を迎える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース