横浜 大チャンスに“巡り合わせ”が…

[ 2008年7月11日 22:19 ]

 【横1―4巨】横浜の大矢監督は「1回と2回のチャンスで得点できなかった。初回につかまえたら良かったんだけどね」と序盤の逸機を敗因に挙げた。

 2回は無死満塁の好機をつくったが、今季初先発の8番・新沼が二飛に倒れ、後続も打ち取られた。打順の巡り合わせの悪さが、波に乗れないチーム状態を表していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース