悔しい城島 チャンスで「代打・イチロー」

[ 2008年7月11日 09:07 ]

アスレチックス戦の1回、先発を外れ試合を見るマリナーズのイチロー

 マリナーズの城島健司捕手は10日、オークランドで行われたアスレチックス戦に「6番・捕手」で出場し、3打数無安打だった。内容は三ゴロ、中飛、一邪飛で打率2割1分6厘。

 ベンチスタートとなったイチロー外野手は8回に城島の打席でカウント0-1から代打で登場。四球を選んだ。守備にはつかず、打率は3割5厘のまま。チームは延長11回、2―3でサヨナラ負けした。
 複雑な心境だ。打席途中で代打・イチローを告げられた城島は「ピンチヒッターを出されてうれしい選手はいない。チャンスで代打を出されたことは(今まで)なかったが、それも自分の(不調の)せい」と悔しさいっぱい。一方のイチローは、1ボールから代打について「そういう状況(8回一死一、三塁)なら代打でという説明があったので、あの場面ではどんなこともあると覚悟していた」と淡々と述べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース