マリナーズ大ナタ!305本塁打の主軸クビに

[ 2008年7月11日 10:31 ]

 マリナーズは10日、リッチー・セクソン一塁手の解雇を発表した。33歳のセクソンは通算305本塁打の右打者。主軸として期待されたが、今季は74試合で打率2割1分8厘、11本塁打、30打点と振るわなかった。

 チームは開幕から得点力不足に悩まされ、10日まで36勝56敗でア・リーグ西地区最下位と低迷している。
 マリナーズは、既に来季を考えた戦いに入っており、今季で4年契約が終わるセクソンの解雇を決めた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2008年7月11日のニュース