これぞ主砲 ウッズ延長弾でケリつけた

[ 2008年7月11日 06:00 ]

 【中日8―7広島】主砲の一振りが試合を決めた。中日のウッズが7―7の延長11回に先頭でシュルツのスライダーを右中間席へ運ぶ決勝ソロ。6年連続20本塁打で連敗を4で止め、自力Vも復活。「強く打つことしか考えてなかった。チームも自分もこのところ調子がよくなかったから。これがキッカケになればいいね」と笑った。4回まで毎回得点で7点をリードしたが、投手陣の乱調と守備の乱れなどで同点に追いつかれた。連日の死闘に落合監督は「負けるのは簡単だけど、勝つのは難しいな」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース