初日から波乱!作新学院散る

[ 2008年7月11日 17:28 ]

 【足利工5-3作新学院】高校野球の栃木大会は11日に開幕し、春の県大会4強のシード校、作新学院が足利工に5-3で敗れた。平田、佐藤の“勝利の方程式”の継投も機能せず、4点を追う8、9回に1点ずつを返したが及ばなかった。

 勝った足利工は横浜・石井琢朗内野手がエースとして出場した87年(昭62)以来、21年ぶりの夏の甲子園出場に向け、最高のスタートを切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース