肩不安なし 松坂、球数制限緩和

[ 2008年7月11日 06:00 ]

 レッドソックス・松坂の球数制限が緩和されることになった。ファレル投手コーチは次回登板予定の13日(日本時間14日)オリオールズ戦に向け「肩の不安もなくなった。今後は通常通り115~120球が交代の目安になる」と明言した。右肩の張りで故障者リスト入りしたため、首脳陣は復帰後も球数を今まで以上に厳しく管理。6月27日のアストロズ戦は87球、7月2日レイズ戦(83球)、そして108球を投げ7回1/3を6安打無失点と好投した前回7日ツインズ戦も100球前後がメドだった。「できるだけ長い回を投げたい」と話す松坂には朗報となりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース