ヤクルト 村田にもう8発目

[ 2008年7月11日 06:00 ]

 【ヤクルト2―6横浜】ヤクルトはまた天敵・村田にやられた。3回に先発の松井が打球を右手に受け、1死一、三塁のピンチを残して降板。緊急リリーフした萩原が初球を左中間スタンドに運ばれると、8回には押本もダメ押しの2ランを被弾した。村田には今季8本塁打を献上。高田監督は「ラミレス(7発被弾)もそうだし特定の人によく打たれている」と厳しい表情。横浜に今季初めて負け越し、いら立ちを抑え切れない様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース