11球団スカウト残念…147キロ右腕見にきたのに

[ 2008年7月11日 08:45 ]

 【日生学園三6-0姫路別所】西兵庫大会2回戦に登場した、日生学園三の最速147キロ右腕の山林(やまりん)芳則のもとに、11球団19人のスカウトが訪れたが登板なく初戦を終えた。山林は「(先発した)川内のことを信じていました。次は投げたいです」と出番がなかったことに少し悔しそう。今春、練習中に打球を左手甲に受けて骨折。原監督は肩ひじの疲労が抜け切れてないこともあって登板を回避した。1メートル85の長身から投げ下ろす快速球は魅力十分。スライダーも良く、今後もスカウト陣の熱い視線を浴びそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース