広島 7点差追い付くも最後は一発に泣く

[ 2008年7月11日 06:00 ]

 【広島7―8中日】広島は延長11回に救援陣の柱のシュルツがウッズに一発を浴び、万事休す。ブラウン監督は持ち味の速球ではなくスライダーを打たれたことに「悔いが残る。配球ミスだ」と指摘した。それでも、4回までに7点差をつけられながら追い付いた打線の粘りは評価した。「あきらめずに戦った。その姿勢が素晴らしかった」。今季初の貯金生活は持ち越し。Aクラス浮上もお預けとなったが指揮官の表情は明るかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース