斎藤「球数が少なくなってきたのはいいこと」

[ 2008年7月11日 16:29 ]

 ドジャースの斎藤隆投手は10日、ロサンゼルスでのマーリンズ戦に4―4の9回から4番手で投げ、2回を無安打無失点だった。勝敗は付かなかった。チームは延長11回、4―5で敗れた。

 2回投げることは「1回投げて戻ってから言われた」と斎藤。「球数が少なくなってきたのはいいこと。体を使って低めにいこうと思っていた」と話した。ただ、チームに白星が就かなかったことには「こうなる(負ける)と残念だね」。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月11日のニュース