宇野昌磨「僕にしかできない挑戦をしたい」来季へ…さらなる進化誓う

[ 2021年4月18日 12:23 ]

<世界フィギュアスケート国別対抗戦エキシビション>演技をする宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で世界国別対抗戦に出場した宇野昌磨(トヨタ自動車)が18日、オンライン会見に出席し「成長したいなと思えるシーズン」などと今季を振り返った。

 コロナ禍で大会が少なかったシーズン。3月の世界選手権では4位、今回の国別対抗戦では6位だった。「(国別対抗戦は)気持ちが定まらないまま試合に出てしまった。悔しいというより、ふがいない気持ち。今後への教訓にしたい」。自分に対する情けなさを口にした宇野。新たな4回転ジャンプや3回転半―4回転トーループの完成を含めて、来季に向けて、さらなる進化を誓った。

 「成長したいなと思えるシーズンを過ごせたことが一番の成果。可能性を捨てず、僕にしかできない挑戦をしたいと思います。(4回転は)今、トーループとフリップとサルコーは跳べていることが多いので。これまで通り練習でもやっていって。その空いた時間に、ループとアクセルトー(3回転半―4回転トーループ)を練習していく感じだと思いますね」

 今後はアイスショーなどに出演する予定となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月18日のニュース