“羽生修造”が日本チーム盛り上げ、「一番」鉢巻き付け熱血応援

[ 2021年4月18日 05:30 ]

フィギュアスケート世界国別対抗戦最終日 ( 2021年4月17日    丸善インテックアリーナ大阪 )

<世界フィギュアスケート国別対抗戦最終日>ペア・フリー、応援席で三浦璃来、木原龍一組を応援する羽生結弦(右)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 “羽生修造”が日本チームを盛り上げた。「一番」と書かれた日の丸の鉢巻きを付け、ペアの三浦、木原組や女子の坂本、紀平の演技を応援席から見届けた。

 演技後は笑顔で大きな拍手を送り、キス&クライでも後ろで得点を見守った。フリー後のテレビ朝日のインタビューでは「(インタビュアーの)松岡修造さんの熱さを借りて、羽生修造になって熱く応援したい」と語り、最後まで役割を果たしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月18日のニュース