畠田姉・瞳が2位「完璧に近い演技できた」、妹・千愛との姉妹代表目指す

[ 2021年4月18日 05:30 ]

体操・全日本選手権第3日 ( 2021年4月17日    群馬・高崎アリーナ )

女子決勝で段違い平行棒の演技をする畠田瞳
Photo By 代表撮影

 畠田姉妹の姉・瞳が2位に入った。予選の55・099点を上回る55・499点をマーク。最後の床運動を終えるとガッツポーズを見せ、「完璧に近い演技が全体的にできた」と振り返った。

 妹の千愛は7位となったが、姉妹で五輪代表を狙う。瞳は「代表にふさわしい演技を披露したい」とNHK杯を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月18日のニュース