女子テニス国別対抗戦PO 内藤、善戦も黒星 日本の地域1部降格決定

[ 2021年4月18日 05:30 ]

 女子テニスの国別対抗戦ビリー・ジーン・キング杯プレーオフ最終日はウクライナ・チョルノモルスクで日本がウクライナと対戦し、シングルス第1試合で世界ランク172位の内藤祐希(亀田製菓)が同5位のスビトリナに2―6、6―4、6―7で敗れた。前日の初日を含めて0勝3敗となり、敗退が決定。次回大会の予選出場権を逃し、地域1部への降格が決まった。

 当初は20年4月に日本のホームで開催予定だったが、コロナ禍による3度の延期の末にアウェーに変更となっていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月18日のニュース