坂本花織 新たなプログラムに挑む新シーズンへ「オフは練習しまくりたい」

[ 2021年4月18日 14:46 ]

<世界フィギュアスケート国別対抗戦エキシビション>演技をする坂本花織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で世界国別対抗戦に出場した坂本花織(シスメックス)が18日、オンライン会見に出席し「オフは練習しまくりたい」などと今後への抱負を語った。

 前日17日のフリーでは、自己ベストを更新する150・29点をマークして2位。4回転ジャンプやトリプルアクセル(3回転半)がなくても、完成度を高めてきた演技を高く評価された。五輪シーズンとなる来季は、大技も取り入れていく。

 「試合後に先生と話をしたんですけど、とりあえずコンビネーションを全部、後半に入れようかとか、1点でも多く取れるような構成にしたりとか、話をしていて。後は4回転かなと思います」

 新たなプログラムに挑む新シーズン。大きな目標があるからこそ、オフの時期も必死にトレーニングを続ける。

 「シーズンオフという名のオフじゃないのは毎年なんですけど、特に今年はアイスショも少ないので、思い切り練習しまくりたいと思います。来シーズンは北京五輪に向けて。平昌の時よりもいい順位になれるように。今シーズンの頑張りが無駄にならないようにしたいと思います」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月18日のニュース