ジャパン候補の近鉄・フィフィタ トライ演出「成長できている」 代表候補で唯一下部リーグから選出

[ 2021年4月18日 16:18 ]

ラグビートップリーグ・プレーオフトーナメント1回戦   近鉄31―21宗像サニックス ( 2021年4月18日    秩父宮ラグビー場 )

<サニックス・近鉄>突進する近鉄・フィフィタ(中央)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 トップチャレンジ2位・近鉄のCTBシオサイア・フィフィタ(22=トンガ)が、トップリーグ・レッドカンファレンス8位の宗像サニックス戦に先発し、31―21の勝利に貢献した。

 0―7の前半15分すぎ、敵陣右サイドでボールをもらうと、強い当たりでディフェンスラインに食い込んだ。連続攻撃が左サイドまで行き、折り返して戻ってきたところで再び右中間でボールをもらうと、今度は相手を引きつけながら走って右へパス。FB竹田からフランカーツポウにわたり、反撃ののろしとなるトライが生まれた。

 「初めてのトップリーグのチームとの対戦。自分の強みのアタックが通用するか楽しみにしていた」と臨んだ一戦で、パワフルなアタックを要所で見せた。社会人デビュー戦となったトップチャレンジ順位決定戦決勝の豊田自動織機戦は目立てなかっただけに、この先発2戦目は、「前の試合に比べたら成長しているんじゃないかな。きょうの試合はボールを持ったらゲインラインを突破できていた」と収穫が多かった。

 天理大初の日本一の立役者は、複数のトップリーグチームから誘いがある中、「うまくなるのに強いチームも弱いチームも関係ない。自分のがんばり次第」と下部の近鉄へ進んだ。その言葉を地で行くように、12日に発表された日本代表候補52人の中で、唯一、下部リーグから選ばれた。まだ近鉄の戦術に馴染んでおらず、ディフェンス面に課題を残すものの、「アタックでも、ディフェンスでも絶対に負けないフィジカルを意識している」と、体の強さには絶対的な自信を持つ。

 2回戦はホワイトカンファレンス1位のパナソニック(25日・花園)。強敵を相手にホーム花園で大暴れをすれば、日本代表入りへの最高のアピールになる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月18日のニュース