カーリング女子世界選手権30日開幕 道銀、北京枠獲得向け力出し切る

[ 2021年4月18日 05:30 ]

カーリング女子世界選手権に向け、公開練習を行った北海道銀行の(左から)船山、小野寺、吉村、近江谷、伊藤
Photo By スポニチ

 カーリングの女子世界選手権(30日開幕、カナダ)に日本代表として出場する北海道銀行が17日、オンラインで取材に応じた。

 6位以上で来年の北京五輪出場枠を獲得する大一番へ、司令塔の吉村紗也香(29)は「丁寧に戦って、持っている力を出し切りたい」と意気込んだ。

 2月の日本選手権で18年平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレを下し、北京への道をつないだ。チームとしては6年ぶりの世界選手権となるが、吉村は「どれくらい通用するのか確認したい。ロコ・ソラーレだけじゃなく自分たちも戦えるということを見せたい」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月18日のニュース