最終組前半終了 通算12アンダーで山下美夢有が単独首位 3打差で吉田、古江が追う

[ 2021年4月18日 12:06 ]

女子ゴルフツアー KKT杯バンテリン・レディース最終日 ( 2021年4月18日    熊本県 熊本空港CC 6501ヤード、パー72 )

山下美夢有
Photo By スポニチ

 最終ラウンドがスタートし、最終組が前半を終えた時点で2打差4位から出た“新世紀世代”の山下美夢有(19=加賀電子)が9ホールを4バーディー、ボギーなしと伸ばし、通算12アンダーの単独首位に浮上した。笹生優花に続く世代2人目の初優勝を目指す。

 首位と3打差の2位にはともに前半をイーブンパーで折り返した吉田優利(21=エプソン)と古江彩佳(20=富士通)の“ミレニアム世代”2人。4打差の4位タイには賞金ランキング1位の小祝さくら(23=ニトリ)、地元・熊本出身の笠りつ子(33=京セラ)、沖せいら(28=フリー)が続いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月18日のニュース