八村負傷 ピストンズ戦の第3Qに左膝を痛める

[ 2021年4月18日 10:42 ]

ピストンズのJ・ジャクソンをかわしてジャンプシュートを放つ八村(AP)
Photo By AP

 ウィザーズの八村塁(23)は17日にワシントンDCで行われたピストンズ戦に今季48試合目の先発を果たしたが、6得点を記録して迎えた第3Qの4分すぎ、オフェンス・リバウンドをキープしたあとにドリブルで左に移動した際に転倒。左膝を抑えてコートにうずくまった。

 背後からピストンズとセンター、メイソン・プラムリー(31)が圧力をかけていた場面。いったんベンチに退いたあと、ロッカールームに引き揚げた。

 この試合では23分出場。5試合ぶりに3点シュートを決め、第1Qには今季4回目のブロックショットも記録していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月18日のニュース