畑岡奈紗はショットさえず「難しい方へ外し、リカバリーできなかった」

[ 2021年4月3日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー ANAインスピレーション 第1日 ( 2021年4月1日    カリフォルニア州ミッションヒルズCC=6865ヤード、パー72 )

第1ラウンド、2番でティーショットを放つ畑岡奈紗
Photo By 共同

 最近2試合予選落ちが続く畑岡は武器のショットがさえなかった。5、7、13番はいずれもバンカーに打ち込み、そこから寄せきれずにボギー。「難しい方へ外し、リカバリーできなかった」と悔やんだ。

 最終18番パー5は第2打を池に落としながら、ドロップしての第4打を2メートルにつけてパーで耐えた。午前スタートとなる第2日に向けて「朝なので涼しい。自分らしいゴルフができればいい」と切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月3日のニュース