渋野日向子はイーブンパー6差49位 フェアウエーキープ率85%超「安定したゴルフできた」

[ 2021年4月3日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー ANAインスピレーション 第1日 ( 2021年4月1日    カリフォルニア州ミッションヒルズCC=6865ヤード、パー72 )

第1ラウンド、11番でバーディーパットを決め、笑顔を見せる渋野日向子
Photo By 共同

 優勝争いを繰り広げた昨年12月以来となる米ツアー参戦。イーブンパーでのスタートに渋野は「安定したゴルフができていたので、スタートダッシュ的にはよかった」と明るい表情でうなずいた。

 「王者感満載だった」という同組のメジャー覇者2人に飛距離で負けていたが、渋野のフェアウエーキープ率は85・71%。4日間で同57・14%だった昨年と比較すると安定感が光る。18番では2・5メートルのチャンスを外すなど「アンダーで上がりたかった」が本音だが、米ツアーで戦うべく取り組むスイング改造が「いい方向にいっている」と手応えを感じる初日になった。

 首位とは6打差で迎える残り54ホール。「やるべきことをやり通してスコアを伸ばしたい」と気合を入れた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月3日のニュース