NTTドコモ “南アのスター”マピンピがプロ初のFB SHペレナラと共演も5勝目ならず

[ 2021年4月3日 15:41 ]

ラグビートップリーグ第6節   NTTドコモ21―33ヤマハ発動機 ( 2021年4月3日    万博 )

<ヤマハ発動機・NTTドコモ>NTTドコモの南アフリカ代表マピンピは後半6分、シンビンとなり苦い表情
Photo By スポニチ

 NTTドコモの両雄、SHペレナラとFBマピンピがそろって先発出場も5勝目を逃した。

 ペレナラはいつも通り、巧みなボールさばきを披露。マピンピは「プロになって初めて」というFBの位置に入り、たびたびゲインしたものの、チームの防御が乱れて前半に4トライを許した。

 後半開始早々にマピンピがシンビンとなり一時退場。14人で戦う間に2トライを奪ったが及ばなかった。「後半の働きぶりは誇らしい」とアッカーマン・ヘッドコーチは追い上げた後半を評価した一方、「プレッシャーがあったからか、試合を通して焦りがあった。暖かくなって汗も出たし、体力を奪われたのも要因。これから生かしていきたい」と反省した。

 リーグ戦は残り1試合。プレーオフに向けて、もう一段階チーム力を上げることが求められる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月3日のニュース