5000メートル五輪代表の田中希実 全体トップに「最低限は出せた」

[ 2021年4月3日 16:10 ]

東京陸協中距離チャレンジ ( 2021年4月3日    東京・駒沢陸上競技場 )

<東京陸連ミドルディスタンス・チャレンジ>快走し1位でゴールした田中希実(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 女子3000メートルは東京五輪5000メートル代表の田中希実(21=豊田自動織機TC)が全体トップの8分57秒27でフィニッシュした。田中は「しんどかったけど、最低限は出せた」と振り返った。

 田中は昨年12月の日本選手権で5000メートル代表に内定。早々に五輪を決めたことで気の緩みが生じていたといい、強い選手がエントリーした同レースにあえて出場した。「レベルの高い選手が揃っているので感覚を取り戻したい」と狙いを語った。

 あす4日の1500メートルも出場を予定している。「あまりレースには出たくなかったが、そこから逃げたら大事なところで大きいミスをしてしまう。逃げずにやろうと思う」と語っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月3日のニュース