バスケット女子代表候補決定 右膝前十字じん帯断裂で五輪出場絶望渡嘉敷もメンバー入り

[ 2021年4月3日 05:30 ]

バスケ女子・エースの渡嘉敷来夢
Photo By スポニチ

 日本バスケットボール協会は2日、東京五輪の女子代表候補28人を発表し、トヨタ自動車の馬瓜エブリンや高田真希(デンソー)宮沢夕貴(ENEOS)らが選ばれた。

 右膝前十字じん帯断裂で五輪出場が絶望的となっている渡嘉敷来夢(ENEOS)も入った。宮崎早織(ENEOS)や米ルイビル大の今野紀花も名を連ねた。最終メンバー12人はこの中から、6月ごろに選ばれる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月3日のニュース