池江璃花子 100バタ予選全体2位で準決勝進出

[ 2021年4月3日 10:37 ]

競泳日本選手権 ( 2021年4月3日    東京アクアティクスセンター )

池江璃花子
Photo By スポニチ

 東京五輪代表選考会を兼ねて開幕し、白血病から復帰して3年ぶりの出場となる池江璃花子(20=ルネサンス)が女子100メートルバタフライ予選2組に登場。58秒68で同組1位となり、全体2位で午後の準決勝に進出した。

 今大会は50、100メートルの自由形とバタフライの4種目にエントリー。8日間で最大11レースをこなすハード日程となる。目標はあくまで24年パリ五輪だが、東京五輪出場も視野に入っており「今の私は結果がすべてではないかもしれないけど、アスリートとして結果を重視して泳ぎたい。他の選手は五輪選考会の重圧があると思うけど、私の中では日本選手権に出場できたことが大きい。他の選手よりは楽に楽しめると思う」と語っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月3日のニュース