“黄金世代”高木優奈 山下美夢有、高橋彩華とともに首位並走

[ 2021年4月3日 13:41 ]

高木優奈
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのヤマハ・レディース葛城(賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)は3日、静岡県袋井市の葛城GC山名C(6564ヤード、パー72)で第3ラウンドを行っている。

 首位に5打差の7位からスタートした“黄金世代”高木優奈(20=グランフィールズCC)が前半のアウトで1イーグル、3バーディー、1ボギーの33をマーク。折り返しの10番でもバーディーを奪い、通算8アンダーで“新世紀世代”山下美夢有(19=加賀電子)、“黄金世代”高橋彩華(22=東芝)とともに首位に並んでいる。

 高木はTP単年登録選手。今季の賞金ランキングは88位(436万9000円)。2019年のステップ・アップ・ツアー、ANAPRINCESS CUPでプロ初優勝を飾っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月3日のニュース