19歳の山下美夢有、高橋彩華が9アンダーで首位 

[ 2021年4月3日 17:13 ]

ヤマハ・レディース葛城 ( 2021年4月3日    葛城GC山名C(6564ヤード、パー72) )

<ヤマハレディース3日目>2番、ティーショットを放つ山下(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのヤマハ・レディース葛城(賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)は3日、静岡県袋井市の葛城GC山名C(6564ヤード、パー72)で第3ラウンドを行った。

 首位から出た“新世紀世代”山下美夢有(19=加賀電子)が3バーディー、3ボギーの72とスコアをまとめ、通算9アンダーで初日からの首位を守った。首位に2打差の2位からスタートした“黄金世代”高橋彩華(22=東芝)が3バーディー、1ボギーの70とスコアを伸ばし、通算9アンダーで首位に浮上。首位に5打差の7位からスタートした“黄金世代”高木優奈(22=グランフィールズCC)が1イーグル、4バーディー、3ボギーの69をマークし、通算7アンダーで比嘉真美子(27=TOYO TIRE)、鶴岡果恋(21=フリー)とともに3位グループに付けている。

 今季4戦2勝と好調な小祝さくら(22=ニトリ)は首位に4打差の通算5アンダーの8位にいる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月3日のニュース