出口クリスタ 連戦の疲れ見せず 直接対決でライバル倒し優勝

[ 2021年4月3日 05:30 ]

グランドスラムアンタルヤ大会 ( 2021年4月1日    トルコ・アンタルヤ )

カナダ選手(左)を攻める出口クリスタ(国際柔道連盟提供・共同)
Photo By 共同

 柔道女子57キロ級・19年世界女王で、カナダ人の父と日本人の母を持つ長野出身の出口クリスタが、決勝で五輪カナダ代表を争うクリムカイトとの直接対決を制して優勝。

 1年1カ月ぶりの国際大会となった前週のGSトビリシ大会は3位に終わったものの、連戦の疲れも見せずにライバルに競り勝った。

 現在も拠点は日本に置いており、代表決定戦を経て生まれ故郷での大舞台を目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月3日のニュース