小祝 痛恨トリプルボギーで7位後退も5打差V圏キープ

[ 2021年4月3日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ヤマハ・レディース第2日 ( 2021年4月2日    静岡県葛城GC山名C=6564ヤード、パー72 )

11番で笑顔の小祝(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 今年4戦2勝と好調な小祝が最終18番の第1打を右に大きく曲げてOBとし、痛恨のトリプルボギー。2位から7位まで一気に順位を下げた。

 それでも当の本人は「最後いきなり体が止まって。まあ、そういう時もあるかなぁ、という感じです」と淡々。前回トリプルボギーを叩いた20年8月のNEC軽井沢72は1打及ばず予選落ちしたが、今大会は依然、首位とは5打差のV圏内につけており、地力強化を示している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月3日のニュース