ペイトリオッツのQBニュートンも新型コロナに感染 4日のチーフス戦は延期

[ 2020年10月4日 09:23 ]

新型コロナウイルスへの感染が判明したペイトリオッツのQBキャム・ニュートン(AP)
Photo By AP

 米マサチューセッツ州ボストン郊外のフォックスボロに本拠を置いているNFLペイトリオッツのエースQBで、今季3試合でパスとランを併せてすでに6つのTDを記録しているキャム・ニュートン(31)が新型コロナウイルスに感染していたことが判明。ペイトリオッツは4日に敵地のミズーリ州カンザスシティーで昨季王者のチーフスと対戦することになっていたが、ニュートンは自己隔離の状態となり、試合は5日もしくは6日に延期されることになった。

 NFLではすでにテネシー州ナッシュビルを本拠にしているタイタンズで計18人の感染が判明。4日のスティーラーズ戦はすでに25日に延期されたが、6度のスーパーボウル制覇を経験している名門チームもその影響を受ける事態となった。

 ニュートンはオーバーン大時代に全米大学最優秀選手に与えられるハイズマン賞を受賞し、2011年のドラフトで全体トップでパンサーズに指名されてNFL入り。2015年にはシーズンMVPに輝き、スーパーボウルにも出場した。しかし昨オフにパンサーズを退団。その後、QBトム・ブレイディー(43)の退団(現在はバッカニアーズ)に伴ってペイトリオッツがニュートンを獲得し、今季はここまで2勝1敗という成績を収めていた。

 なおペイトリオッツでは未登録のQB1人の感染も判明。濃厚接触者と見られるスタッフや選手の検査が行われ全員が陰性だったものの、検査は今後も実施されることになっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月4日のニュース