原英莉花 逃げ切りでメジャー初制覇!黄金世代では畑岡、渋野に続き3人目

[ 2020年10月4日 15:26 ]

女子ゴルフツアー 日本女子オープン最終日 ( 2020年10月4日    福岡 ザ・クラシックGC=6761ヤード、パー72 )

<第53回日本女子オープンゴルフ選手権・4日目>優勝杯を手に笑顔の原英莉花(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 今季メジャー2戦目となる日本女子オープンの最終ラウンドが4日に行われ、4打差首位から出た黄金世代の原英莉花(21=日本通運)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算16アンダーでメジャー初制覇を果たした。今季初勝利で、昨年6月のリゾートトラスト・レディース以来となる通算2勝目。畑岡奈紗、渋野日向子に続く黄金世代で3人目のメジャー優勝となった。

 同じく黄金世代の小祝さくら(22=ニトリ)は首位を4打差を追ってスタートしたが、原と同じく「68」と差を詰められずに通算12アンダーの2位に終わった。通算アンダーの3位には仲宗根澄香(28=Sky)と上田桃子(34=フリー)が続いた。

 今大会は新型コロナウイルスの影響により無観客で開催。感染防止対策の経費増額などにより、賞金総額は25%減の1億1250万円(優勝賞金2250万円)となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月4日のニュース