坂本花織、貫禄の首位発進 3度のジャンプ成功「自分なりにいい演技」

[ 2020年10月4日 05:30 ]

フィギュアスケート近畿選手権第2日 ( 2020年10月3日    大阪府臨海SC )

フィギュアスケート近畿選手権シニア女子ショートプログラムで演技する坂本花織(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 坂本は、今季初戦で貫禄の首位発進。3度のジャンプを全て成功させ、「いつも初戦で出遅れるけれど、自分なりにいい演技で、スタートダッシュができた」と、スマイル全開で自画自賛した。

 SPとフリー両方の振り付けを担当するブノワ・リショー氏からは、「20歳になったし、大人の女性を演じてほしい」と注文をつけられているそうで、「思いっきりいい(フリーの)マトリックスをお見せしたい」と、意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月4日のニュース